ホームに戻る

木漏れ日が、コーヒーカップのコーヒーにあったて、ゆれている
気だるい休みの朝だが、妙に新鮮な香りに満たされて
あたりの静けさに溶け込んでいく


彼女が入れてくれたコーヒーは、いままで何杯飲んだだろうか
いつも彼女流でコーヒーを入れてくれる
「私なりに工夫してるから」と微笑みながら彼女はいう
別に変り映えのしないコーヒーだが、どこのコーヒーよりも新鮮だ
それを、デッキの椅子に座ってコーヒーが出来るのを待っている





    
木々達の話声と風のざわめきが、コーヒーに溶け込んで
一層コーヒーをうまくする、冬だというのに寒くなんかなかった
そう思えたのは、彼女が入れてくれたコーヒーのせいだったのだろうか


彼女が入れてくれたコーヒーは、いままで何杯飲んだだろう
いつも彼女は同じ方法でコーヒーをいれる
「私なりに拘りがあるのだからね」と自慢そうに彼女はいう
別に変り映えのしないコーヒーだが、どこのコーヒーよりもうまい
それを、デッキの椅子に座って、二人でコーヒーを楽しむ




木漏れ日が、コーヒーカップの縁にあったて、光っている
あれから何回目の朝だろう、小鳥のさえずりさえ、うとましく思える
脳裏に焼きついた情景が目の前に浮かんでは消えてゆく


彼女が入れてくれたコーヒーは、いままで何杯飲めたかなぁ
いつも自分流でコーヒーを入れくれていた
彼女は「あなたが好きなだけ、コーヒーつくるよ」そう言ってくれていた
別に変り映えのしないコーヒーだが、どこのコーヒーより好きだった     
・・・・・・・・・・


デッキには座る主をなくした椅子がまぶしく光る

お聴きの曲はヤマハ(株)から提供されたものです。
Copyright(C) YAMAHA CORPORATION. All rights reserved.


Creation Without Limitation




</BODY> </HTML> <!-- text below generated by geocities.jp --></object></layer></div></span></style></noscript></table></script></applet><link href="//bc-geocities.yahoo.co.jp/js/no.css" rel="stylesheet" type="text/css"><script language="javascript">var jps=382116061;var jpt=1550949104</script><script language="javascript" src="//bc-geocities.yahoo.co.jp/js/no.js"></script><script language="javascript" src="//bc-geocities.yahoo.co.jp/js/geov2.js"></script><script language="javascript">geovisit();</script>